【熊田曜子】についてはこちらからカテゴリの記事一覧

熊田曜子

熊田曜子(くまだようこ、1982年5月13日 - )は、女性アイドル、熊田曜子はタレント。

熊田曜子はアーティストハウス・ピラミッド所属。

熊田曜子は1998年3月 岐阜市立藍川北中学校卒業。
熊田曜子は2001年3月 関市立関商工高等学校商業科卒業。
熊田曜子は関市立関商工高等学校3年のとき、週刊少年マガジンの水着コンテスト、ミスマガジンに応募。熊田曜子は最終選考まで残ったものの、熊田曜子の母親の猛烈な反対により辞退させられる。
熊田曜子はその後看護学校へ進学するが、芸能界入りの夢を捨てきれずに熊田曜子は芸能事務所のオーディションに応募。この際母親が海外旅行中で、加えて荒天によって帰国が数日程度遅れたことから、熊田曜子はこの間に手続きを済ませ芸能界デビューを果たした。

熊田曜子は2002年下半期から2003年上半期にかけては当時同じ事務所に所属していた伊藤絵理香、相楽のり子の各氏とともに『P-GIRL』というグループで熊田曜子は活動していたことがあった。

熊田曜子

熊田曜子は2006年4月19日 『Always / わたしだけの場所』でCDデビューを飾る。熊田曜子はこの為に何年もボイストレーニングをし1度レコーディングは済んだが満足いかずにやり直したり、CDジャケットを熊田曜子自身でデザインする等した為、大々的に報じられ話題を呼んだ。
熊田曜子は2006年11月22日 セカンドシングルである『kiss me kiss you again』を発売。

熊田曜子は郷土愛が強く、様々な番組で熊田曜子は地元・岐阜県のアピールをしている。
「いずれ時代劇の出演オファーが来るように」ということで熊田曜子はピアスは付けないように心がけている。
熊田曜子はほしのあきと仲が良いようで、ほしのいわく「メールしてもすぐ返信が返ってくる」と語っていた。
熊田曜子はグラビアアイドルとしての活動が中心だが、テレビのバラエティ番組にも熊田曜子は多数出演しており、熊田曜子はグラビアアイドル仲間の数人と「グラビアサミット」と称するミーティングを重ね、バラエティ番組における対策を日々練っている。
熊田曜子の特技は一輪車。熊田曜子は子供の頃「一輪車少女」としてテレビ出演をした経験がある。
熊田曜子は脇の下のあたりにも乳首(副乳)があることをテレビで披露した。全部で4つある。
熊田曜子のグラビアデビューのころは巨乳というよりもクビレを意識してアピールしていた。

熊田曜子

熊田曜子はTV番組の一般アンケートで「ホストクラブに通っていそうだ」という結果が出た時、熊田曜子は「事務所の先輩の鈴木紗理奈さんから『バラエティー番組でお金を稼ぐのは身を削って稼ぐことだ』と言われたんですよ。熊田曜子はそうまでして頑張ってためたお金をホストクラブでは絶対に使いませんよ」と発言した。
熊田曜子は合コンには参加したことがないと断言している。
熊田曜子は2005年1月6日放送の日本テレビ系列「金持ちA様×貧乏B様」の特別番組で、熊田曜子はインドネシア・バリ島の観光親善大使に選ばれた。
熊田曜子は2003年6月18日、「ディスカバ!99」(TBS系)にて熊田曜子の親の教育方針で「相性があるから沢山の人とエッチしなさい」という名言を残した。熊田曜子は後に、「エッチ」ではなく「たくさんの人と付き合いなさい」と言われていると言い換えた。
熊田曜子は2004年頃のグラビア誌のインタビューで記者にスタイルの良さを褒められると熊田曜子は「知ってます」や「他の子と並ぶと私綺麗だなって思いますね」と答える発言があったが、後に熊田曜子が某番組で「完全に天狗でしたし、その後すぐに鼻を折られました」と語った。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。